ブラックでも即日5万借りる方法があった

ブラックでも即日5万借りる方法があった

ブラックでも即日5万借りる方法があった

まず事故情報のことを覚えておこう

例えば5万円くらいのお金を借りるときには友人や家族からお金を借りるという方法もありますが、消費者金融や銀行あるいはクレジットカード会社からお金を5万円ほど借りるという方法もあります。通常は、借りたお金を返す時には借りたお金を分割してそこに金利を足したお金を毎月少しずつ返済していくという形をとります。きちんとお金を返すという意志をもって所定の金額を返していけば、そこまで気にする必要はないことも多いです。5万円くらいの規模の場合は、分割で返すという決め事をしても連絡さえすれば一括で5万円の残りを返しても大丈夫です。

しかし、中にはお金を返すことが困難になってしまったりうっかり返済期限の日を忘れてしまうことなどの原因で、返済日に所定の金額を返すはずがそれに間に合わなくなるというケースは毎年一定数あります。その場合、ブラックリストに登録されてしまう可能性が高くなってしまいます。とはいえ、その名称そのものがあるわけではありません。クレジットカードを作ったときや各種ローンを組んでお金を借りた場合には、利用者の個人情報は信用情報機関と呼ばれるところに必ずデータベース化されて登録されるという決まりとなっています。大手消費者金融やクレジットカード会社、銀行系のカードローンに至るまでそうした仕組みは同じです。

各種ローンを借りている間は、借りた日付や返済の日付がしっかりと履歴として記録されることになります。もし返済日までに借りたお金を返すことができなかったりした場合には、そのときには事故情報として登録されることになってしまいます。事故情報は別の名称では異動情報・延滞情報・ネガティブ情報などという名称で呼ばれることがあります。その事故情報のことを、通称または俗称でブラックリストに載るという風に表現しています。金額については、大小を問いません。例えば5万円の返済が遅れたとしても事故情報として登録されることになってしまいます。ですので、金額にかかわらずお金を借りるときにはそれが5万円から10万円程度だとしても計画的に借りる必要があるといえるわけです。

それでは、もしも事故情報に載ってしまった場合にどのような影響があるのかというと、最初に一定期間においては新たに借入をすることが不可能となります。ショッピングローン・自動車ローン・住宅ローン・教育ローン・クレジットカードなどでお金を借りておく行動が制限されてしまいます。ただし、一生涯に渡ってお金が借りられなくなるというわけではありません。一定期間が過ぎてしまえば、元通りお金を借りることはできるようになります。

 

その状態でお金を即日で5万円借りるには

一度ブラックリストに載ってしまったら、借りたい金額が5万円程度の少額だとしても融資を受けることは一切できないのかというと、そうではありません。確かに難しいとはいえますが方法がないわけではありません。まずは、この事故情報が何年経過しているのかについては重要です。一般的に事故情報に登録されてから7年ほどが経過すると事故情報は消去されます。ですので、時間の経過については確かめることは重要です。信用情報機関に問い合わせを行うことは求められます。

とはいえ利用していた金融機関によって信用情報機関が違うということもあり、昔取引をしていた会社が利用している信用情報機関を探すのは少々面倒くさい点もありますが、問い合わせをすることで教えてくれるようになっています。本当に事故情報が信用情報機関に登録されているかどうかはまず確認してみたほうが良いでしょう。確認した結果、事故情報がなくなっている場合には収入がある状態であれば普通に5万円から10万円ほどであれば借りられる可能性は高くなります。もしも事故情報に載っていることがはっきりした場合においては、弁護士に依頼して手数料を支払うことでもう少し早く借りられるようにすることはできます。

弁護士に依頼する内容については、信用情報機関から事故情報を消してもらうように交渉するとはっきり弁護士に告げて大丈夫です。もう一つのポイントとしては、実は事故情報に載っている期間に該当する場合でも5万円くらいであれば貸してくれる業者もあります。大手の金融機関においては残念ながら借りることができませんが、中小企業の金融機関もあります。そうしたところでは、事故情報に掲載されている場合でも審査が甘く借りられるところも少ないとはいえあります。ですので、お金を借りることをあきらめないようにしておきます。地元密着型で宣伝はしていなくても、しっかりとした業者がないわけではありません。

ですので、金融機関の評判についてはしっかりと調べておいたほうが良いでしょう。それから、いわゆる闇金と呼ばれる悪質な金融業者でお金を借りてしまうことについては避けておくようにしましょう。きちんと借りるときには、その業者が許可を得たうえで営業を行っているしっかりとした業者を見分ける必要があります。見分け方としては、正規で営業している業者には貸金業専用の登録番号がきちんとありますのでそれで確認します。金融庁のホームページで金融業者を検索することもできます。

 


このページの先頭へ戻る